アパートが魅力あるものになるかどうか

アパート経営を失敗した方に聞いてみると、地域などに問題があり、賃貸として借りる借主が集まらず、アパートの部屋が埋まらなかったという失敗があります。魅力的な物件を建築しても、周辺にお買い物ができるところや学校、公共施設などがなければ、アパートに入ろうという人は少なくなります。

また周辺にお買い物などができるところがあっても、交通の便が悪い、学校までの電車、バスなどの本数が少ないなどの場合、アパートに空き室が多くなります。不動産業者がそのアパートを魅力的な物であり、利用される方が個々なら暮らしやすそうだという物件、周辺環境でなければどうにもなりません。

すでに土地がありそこにアパートを建築という際にも、不動産業者の広告力が優れていれば、アパートの空き室は少なくなるという事もあります。色々な面を考慮してアパート経営という事を成功させてあげたいという気持を持っている業者を選択する必要があります。

不動産業者さんにアパート経営、建築の相談に行った時、こちらの要望をしっかり真摯に聞いてくれるか、問題点などをきちんと指摘してくれるか、スタッフの対応はどうなのかという点をきちんと施主として見極める必要があります。そのため、必ず不動産業者の担当者とじかにあってしっかり話を聞いてもらいましょう。