失敗例も伝えてくれる

良い不動産業者というのは、成功例ばかりを紹介するのではなく、アパート建築、経営において失敗した例というのも紹介してくれます。サラリーマンでも自己資金が少なくても、現在、アパート建築や経営は可能です。不労所得となりますし、節税対策としてもアパート経営を進める業者さんは多いです。メリットも多いですし、実際にうまく経営している人は、貯蓄などもできていますし、老後のいい資金として利用されている方も少なくありません。

しかし誰もが成功するという事はないのです。賃貸物件が埋まらず空き室が多いことで、予想していた返済が出来ず、結果、アパートを手放すことになった例もありますし、リーズナブルに建築して高い家賃をとりたいという考え方が間違っていることを指摘せず、そのまま経営に入り、結局賃貸として成り立っていかないという例もあります。

こうした失敗例についても、信頼できる不動産業者はしっかりと紹介し、こうした失敗例もあるので、こういう風に行っていくのは問題があると指摘してくれます。施主のいうとおり、顧客のいう通りではなく不動産業者として培ってきたノウハウをしっかり伝える、アパート経営に活かしてくれる不動産業者こそ、信頼できる魅力的な不動産業者といえるのです。