失敗例も伝えてくれる

良い不動産業者というのは、成功例ばかりを紹介するのではなく、アパート建築、経営において失敗した例というのも紹介してくれます。サラリーマンでも自己資金が少なくても、現在、アパート建築や経営は可能です。不労所得となりますし、節税対策としてもアパート経営を進める業者さんは多いです。メリットも多いですし、実際にうまく経営している人は、貯蓄などもできていますし、老後のいい資金として利用されている方も少なくありません。

しかし誰もが成功するという事はないのです。賃貸物件が埋まらず空き室が多いことで、予想していた返済が出来ず、結果、アパートを手放すことになった例もありますし、リーズナブルに建築して高い家賃をとりたいという考え方が間違っていることを指摘せず、そのまま経営に入り、結局賃貸として成り立っていかないという例もあります。

こうした失敗例についても、信頼できる不動産業者はしっかりと紹介し、こうした失敗例もあるので、こういう風に行っていくのは問題があると指摘してくれます。施主のいうとおり、顧客のいう通りではなく不動産業者として培ってきたノウハウをしっかり伝える、アパート経営に活かしてくれる不動産業者こそ、信頼できる魅力的な不動産業者といえるのです。

アパートが魅力あるものになるかどうか

アパート経営を失敗した方に聞いてみると、地域などに問題があり、賃貸として借りる借主が集まらず、アパートの部屋が埋まらなかったという失敗があります。魅力的な物件を建築しても、周辺にお買い物ができるところや学校、公共施設などがなければ、アパートに入ろうという人は少なくなります。

また周辺にお買い物などができるところがあっても、交通の便が悪い、学校までの電車、バスなどの本数が少ないなどの場合、アパートに空き室が多くなります。不動産業者がそのアパートを魅力的な物であり、利用される方が個々なら暮らしやすそうだという物件、周辺環境でなければどうにもなりません。

すでに土地がありそこにアパートを建築という際にも、不動産業者の広告力が優れていれば、アパートの空き室は少なくなるという事もあります。色々な面を考慮してアパート経営という事を成功させてあげたいという気持を持っている業者を選択する必要があります。

不動産業者さんにアパート経営、建築の相談に行った時、こちらの要望をしっかり真摯に聞いてくれるか、問題点などをきちんと指摘してくれるか、スタッフの対応はどうなのかという点をきちんと施主として見極める必要があります。そのため、必ず不動産業者の担当者とじかにあってしっかり話を聞いてもらいましょう。

依頼主の目で物件を考えてくれる

アパート経営を成功させるためには、アパート建築を行う際にどのような不動産業者を選択するかにかかっています。不動産業者がいい建築業者を知っていれば、アパートは魅力ある建築物になるはずです。またアパートが完成し、管理やメンテナンスなどを依頼する時にも不動産業者の良しあしが出てきます。長期的な目線で不動産業者の選択をするべきです。インターネットなどを使って複数の業者を比較できるサイトなどを探してみると良いかもしれません。建築から賃貸利用者を集めるという広告力、さらに管理やメンテナンスという上でも、信頼できる業者を選択するようにしましょう。

知り合いに不動産業者がいるという場合でも、その評判や仕事ぶりなどをしっかり把握しておくべきです。建築にかかる際に、知り合いの不動産業者を利用しその後、管理についても任させていたが、かなりいい加減で、これはよくないから不動産業者を変えようという時にも、知り合いの業者だとなかなか言い出すこともできないでしょう。

まず顧客の目線で物件建築に携わってくれるかという所がポイントです。どういう物件が今欲しいと思われているのか、どういう物件が賃貸物件として人気があるのか、こうした事を考慮し、また依頼主がどのような事を望んでいるのかという事を深く考慮して、アパート建築、経営をトータルに考えてくれる不動産業者が望ましいでしょう。

アパート建築の為の業者選び

最近不労所得を得ようとする方が多くなっています。副業などではなく、例えばアパート建築を行い賃貸で貸し出すことによって家賃収入を得るなどの不労所得です。

老後という事に関して、全くその先が見えない日本です。このままいくと年金すらまともにもらえなくなるのでは?という不安のある中、自分の生活は自分で守るという事が必要になってきます。退職されて、家族と暮らしてきた大きな住宅を売買し、退職金と売買した費用をあわせてアパート建築を行い、定期的に、安定的に入ってくるアパート経営で、老後、安心して暮らそうという人も多いのです。

またサラリーマンやOLさんたちも、マンションの一室を購入し、そこを賃貸として貸出、不労所得を得るという事を行っている方がいます。賃貸として得た費用は、生活費、娯楽費などに利用してもいいですし、貯金してまた新たな投資として、マンションの一室を購入する資金とする・・・といった方法です。

投資という事でアパートは今幅広い世代に注目されているのですが、問題は建築を依頼する業者さんです。いい物件をしっかりと建築してくれる信頼できる業者さんを選ぶためには、アパート建築に精通している不動産業者を選ぶ目が必要です。当サイトは、アパート建築の際、どのような業者を選ぶ必要があるのかそのポイントを、アパート経営を考えている皆様にお知らせします。

当サイトがよりよいアパート経営につながるように、利用していただければ幸いです。